2014年12月23日火曜日

名づけ者 ~上下型1種体癖



    
 
     上下型1種の特徴と云うのは、常にいかなる時でも「頭を使う」と
     いうことにあります。
 
     「頭を使う」と云うのは、頭を盛んに廻らせるということで
     このタイプの人たちは、相当に頭を使ってもへたばらないのです。 
     それほど脳体力が旺盛な人たちなのです。
 
     脳の活動と云うのは、記憶、というよりは記録として情報を
     関連付けながら、しまい込んでいきます。
 
     ひとつの情報を記録するのに、そのままでは関係がなさそうな
     ものを本人にとって、それを取り出しやすいような連想が繋がるもの
     ものの片々を、「つながりと順」をリンキングしながら焼き付けて
     いくのです。
 
     上下型1種は、この片々の繋がりをひとつひとつ、訪ね歩いて
     脳内を旅するのが大好きなのです。
     他種がこんぐらがって、到底理解できない面倒な道筋でも
     喜んでその旅程を楽しみます。
 
     1種のしかし、最大の興奮と快感と云うのは、
     この片々をつなげる新しい道筋を見い出すことなのです。
     そして、それに名前を付けます。
     これが、1種の唯一の「幸福」というべきもので、
     1種の全ての体力はこのために使われます。
 
 
 
     以下、書き綴られます、、、、、
 
 
 
 
     
 
 
 
       
    

0 件のコメント:

コメントを投稿